ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

サン・アクト株式会社というベンチャー企業の社長が語ります。

ある女の子の軌跡と私

共に歩もう

私の会社の通勤経路に小学校がある。

ある女の子が毎日、登下校していた。
かなりの坂道を彼女は毎日、通っていた。

車椅子で、自ら手で動かしながら、6年間。

毎日とは言えないが、私は彼女の登下校を見ていた。

小学1年から6年生になるまで、できる限り、見守っていた。
私の会社の通勤経路に100メートル程、細い道があり、
工事の関係で猛スピードで走る車がある。

近所の方は、もちろん、彼女のことを知っており、
彼女が細い道を通り過ぎるまで徐行運転する。
宅配便の方々も同じだ。

ただ、仕方が無いことだが上述したように、
工事などで初めて通る車はスピードを緩めない。
工事の車はちょうど登校時間に現場に向けて走る。
私や近所の方々は、工事の車の方にスピードを緩めるように、
何度も依頼していた。

時には、彼女は、同級生と共に下校していたが、
同級生が車椅子の彼女を助けることは無く、
談笑しながら、下校していた。

なぜ、彼女が車椅子の生活となったかは知らない。
会話もしたことも無い。
そして、同級生が車椅子を押してあげないことも知らない。

そんな彼女が今年の春に卒業した。

私の自宅前は我が子供達が通った、通っている小学校の登下校通路。

当番制で、登校時に立ち番をする。
過日、私は8時から30分間、立ち番をしていた。

その時、なぜか彼女が、彼女のお母様と共に私の眼前を通り過ぎた。
一瞬のことだが、なぜ彼女が通り過ぎたのか分からなかった。

その後、ゆっくりと考えてみれば、私の子供達が通っている中学校はエレベーターがあり、車椅子の彼女にとっては、近くの中学では無く、私の子供達が通っている中学校が、唯一の選択肢だと、気付いた。

恐らく、最寄駅までお母様と共に地下鉄に乗り、そして、お母様と共に中学に登校していたのだろう。

数日前、偶然にも一人で車椅子で登校している彼女に出会った。
「おはようございます」と私は何気なく、彼女に言った。

「何年間も、見守っていただいてありがとうございます」と彼女は下を向きながら一言。

私はその一言で、涙が流れ続けた。
「気を付けてね」と発するだけで精一杯だった。

小学校時代に、急な坂道を一人で車椅子で登っていた彼女。
数週間は、お母様と共に、中学に通っていた。

しかし、お母様と共に通うことも、中学入学して、2ヶ月程度で、
一人で登校すると彼女は自分で決めたのだろう。

きっと、彼女は自ら道を拓き、自ら、これからの人生を歩んでいくのだろう。

既に、小学校時代から、彼女は大空に羽ばたいていたと私は思う。

※「ベンチャー 企業社長ブログトップ10位へ
広告を非表示にする