ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

サン・アクト株式会社というベンチャー企業の社長が語ります。

トラックバック騒動のその後

先週末、親しくさせていただいているブロガー各位と深夜まで楽しませていただきました。 色々な話題で盛り上がり、想定どおり、「私のブログは真面目」というご指摘を頂戴しました。 良いのです私としては。このブログスタイルが楽しみな方もおられるのです。(恐らく) ただ、「JUGEMがまた重い」というご指摘もありましたが、私としては自覚症状が無いだけに、本当に重いのであれば、皆様、お知らせ下さいませ。自分ではどうしようもないですが、画像を減らすなどできる限りの自己努力は致しますので。 ------- さて、その中で私のトラックバックに対するやり方についても少しだけ話題になりました。 私は、自分の記事にあまり関係の無いTBが来た場合、静かに削除するのではなく、TB先まで私は乗り込んで行って、「なぜ、このようなTBを私にしたのか、私のサイトにて理由を説明しなさい。」というのが私のスタイルで、過去に何度もやりました。ネット上とビジネスは区別すべきなのかもしれませんが、私の考えとしては、例えばしつこい電話セールスがあった場合、何回も話をすることは時間の無駄なので、電話の相手先にそれなりの対応をします。非常に大枠ですが、この流れとTBの私なりの位置付けは似ています。ただ、すべてのTB先に同様の対処を依頼するのではなく、ある程度、私のスタイルが通用するかなと思うブロガーに対してやっています。 先週末は「そこまでやらなくてもいいのでは」といった意見も頂戴しました。実は最近も、関係の無いTBを頂戴しているのですが、静かに削除しています。 ------- 例えば、私の過去記事の、「私のお気に入り休日おススメブログ」に「蕎麦の旅」というTBを頂戴しましたが、ちょっと反論しに行こうと思う気が無くなるサイトなので、2日後くらいに静かに削除しました。失礼な言い方かもしれませんが、サイト構成も良く分かりません。 また、昨日は、かなり好評だった「性格判断をやってみました」に「自分の性格改善計画」というTBを頂戴しました。「福祉とナンパで向上し幸せになるブログ」というサイトを運営されているようですが、何となく楽しんでやられているようでこちらも2、3日後には静かに削除します。 ------- ただ、騒動の発端となった私の記事である「愛知万博に思う」で関係の無いTBを頂戴した2名のブロガー。一人は「おすすめ情報地図」を運営されているmap2005氏と「大いなる夢」を運営されているecotaka氏。 map2005氏はその後、5月に入ってまだ更新されていないとしてもブログを再開されているのですが、ecotaka氏は、残念ながらブログ再開に至っておられません。お二人には例の如く、「なぜ関係の無いTBを送ったのか私のサイトで説明して欲しい」という旨の乗り込みをしたのですが、ecotaka氏においてはどうもブログを続ける意欲を失われたようで残念に思います。 どうみても発端は私にあります。ただ、かなり良質な内容を書かれているブロガーなので、私ごときの乗り込みにうまく対処されると思っていたのですが、既に遅きに至っています。 ------- さて、発端が私にありますので、この場でecotaka氏にサイト再開を願ったところで、「それなら最初から乗り込むなという論法」になってしまいます。よって、今後も基本的なTBに対する方針は変わりませんが、余程のことが無い限り、静かに関係の無いTBは削除することと致します。そして悪質なTBにはいつも通りの方針で対処致します。 最後になりますが、この記事は誰にもTBもせず、ecotaka氏サイトにてサイト更新依頼のコメントも残すことはありません。また、私は基本的に記事のタイトルや内容そのものを婉曲的な表現でTBが付きにくくしていることについてもご理解下さい。 私は私しか書けないブログ、私なりに違った視点でのブログを目指してこれからもやっていきます。 ではこれにて。
広告を非表示にする