ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

サン・アクト株式会社というベンチャー企業の社長が語ります。

誰が教育を「いびつ」にしているのか。

昨年末に発表されたOECDの国際学習到達度調査(PISA)や、IEAの国際数学・理科教育調査(TIMSS)の結果。その後の日教組の第54次教育研究全国集会の開催。

そして、中山成彬文部科学相による「総合的な学習の時間」の見直し問題の発言。なかなか政治家的な発想です。「いやな予感」がします。

また、教育問題が社会問題化する気配がありますが、文部科学省の今後の動きと、教育現場の皆様が、どう受けとめられているのかについては、もう少し推移を見たいと思います。

私が「叫ぶ」にはまだ、早いと思っています。

広告を非表示にする