ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

サン・アクト株式会社というベンチャー企業の社長が語ります。

残念な結果、10月の検索ワード

10月の検索ワードは残念な結果に終わりました。残念だからこそ、このエントリをあげようという意味合いもあります。 私のブログはなぜか検索サイトと相性が良く(そう自分で思っているだけかもしれませんが)、何ヶ月も前の記事が、検索上位に入っていることが多いわけです。 発端は、「さて、9月の検索ワードは?」(この過去記事の追記をお読みください)という、まさしく先月の検索ワード発表エントリでした。この記事を書かなければ、このような残念な結果に終わることはなかったでしょう。 ------- ともかく10月の検索ワードトップ10位を発表します。
1位:某氏(483票) 2位:ベンチャー企業(177票) 3位:カトリーナ(120票) 4位:木村秋則(84票) 5位:小島愛一郎(60票) 6位:蜂刺され 7位:蜂の種類 8位:競争社会 9位:三木谷(様) 10位:新潟中越地震
という結果でした。 少々、怒りが入っているこのエントリですので、私のブログのアクセス数の管理画面でもご紹介しましょう。画像は見にくいかもしれませんが、10月は「合計17700アクセス」程度となっています(定かではありませんが昔よりは、やはりアクセス数は減りました)。 私のブログの管理画面でも、もちろん検索ワードやその数も分かるのですが、今回は、このデータを元にトップ10位をご紹介しました。 ------- 2位・5位は、いつもの結果ですので、驚きはありません。3位の「カトリーナ」については先月1位でしたが、まだまだ被害が収束しているとは言えない状況ですので、少しでも私の記事「カトリーナと加害者、被害者」がお役に立てればと思っています。コメントもtrackbackも多く頂戴しました。改めて御礼申し上げます。 4位の「木村氏」は、新聞で紹介されたことが原因です。6位・7位の蜂関係は、私が「蜂に刺された事件」の記事よりも、もう少し「蜂の生態について書いた記事」がお役に立ったのかもしれません。いずれにせよ、今年は、かなりの地域で蜂の被害・発生があったそうです。いつかこの点についても考察しなければならないかなと思っています。 その他、8位も世相を反映した、いつもの結果、9位の三木谷氏は今、話題の方だからでしょう。10位の「新潟中越地震」は、やはり一年を経た今、再度、情報を求められている方々が多数、おられるということを示していると思っています。 ------- さて、問題の1位のキーワードは、「さて、9月の検索ワードは?」で3位を獲得された方です。今、この1位の方のキーワードで検索サイトなどで、探してみるとこの私のエントリが5位から10位以内に必ず入るという状況です。上述したようにこのエントリを上げなければもっと違った検索ワードが1位となったわけで、今ながらにして残念に思っています。 「あざらしサラダ様」が「コメント欄」で
しかし、例の方は怪しげなニオイがプンプンしていますが、どうなんでしょうかねえ。 私もこれから何が起こるか楽しみです。
と書いていただいていますが、ご想像の通り、某巨大掲示板にこの例の方のスレッドが立ち、私の9月の検索ワードを掲示板内でも、ご紹介いただいたようで、なんとも複雑な気持ちです。 ------- 過去の検索ワード発表では、「愛知万博」や「Cool Biz」など、世相を反映し、私もそれなりに心を込めて書いた記事が上位となっていました。最近は、あまり環境関連や世相を反映した記事を意識的に書いていない、直接のエントリータイトルにしていないなどが理由かもしれませんが、今回は本当に残念な結果です。 某氏よ、もう何が目的かわからないブログを運営することは、やめていただきたい。そのうち、最近はブログ上では丸くなった私も乗り込みますよ。
広告を非表示にする