ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

サン・アクト株式会社というベンチャー企業の社長が語ります。

手先が冷たい、そんな状態を1分で解消する方法

 

手先が冷たい

始まりは、整体師の先生によるマッサージ

 私の知り合いに整体師の先生がいます。たまにマッサージをしてもらう際にこんな会話が。

 「特にどこかおかしいところありませんか」と整体師の先生。

 「はい、特に気になる点はありません」と私。

  この私の回答を聞いた整体師の先生は、おもむろに足つぼマッサージを開始。開始直後に、激痛が。ちなみに足つぼマッサージは初めての経験でした。

  「消化器系が悪いようですね」と先生。

 「はぁ、そうなんですか」と私。

  消化器系が悪いと言われても、あまり思い当たる点がない私。しかし、足のある「ツボ」を押さえられて激痛が走ったことは事実で反論の余地は皆無。その後、整体師の先生から、まず血液の循環を良くしましょうと、ある簡単な方法を伝授いただきました。

手先が冷たくなった状態を1分ほどで解消する簡単な一つの方法

 ご存知のように血液は静脈と動脈が体内で循環しています。循環が悪ければ様々な部分で体に不具合が生じることは素人でも理解できます。血液の循環を改善すれば良いわけですが心臓を直接、マッサージすることは無理な話。

 唯一、循環を良くすることが可能な部分が指の先端。いわゆる「指先」。 まずは、「右手の親指の爪先部分の両側」を「左手の親指と人差し指」で挟むように、ある程度、力を入れて揉みます。その時点で「痛み」を感じた人は基本的に血液の循環が悪い方。

 ちなみに私は先生から教えられて自分でやった際にかなりの「痛み」を感じました。同様に、「右手の他の指の爪先部分の両側」を「左手の親指と人差し指」 で、それぞれ力を入れて揉んでいきます。私の場合、すべての指先が痛く、かなり血液の循環が悪いことが判明。左手のそれぞれの指の爪先部分も右手の親指と 人差し指で揉んでいきます。

 尚、右手の薬指が最も心臓に直結しているとのこと。だから女性は結婚指輪を右手の薬指にはめていると、整体師の先生のお話。ちょっとした豆知識としてご活用下さい。

 私の場合、車で移動中、信号待ちの際に、右手・左手それぞれの親指の爪先を10秒ほど揉んでいます。すると、どこか体が暖かくなるような気がします。

 そして、冒頭で書いたように、手先が冷たくてどうしようもない時に、右手・左手すべての指の爪先部分の両側を揉みます。両手の指先すべてを終えた頃には、手先の冷たさは無くなっています。爪先が痛いところは10秒、それ以外は5秒程で所要時間は約1分。これだけの短時間で冷たさが少なくとも私の場合は解消されます。

 何度か続けていると、常に痛い爪先があります。私の場合、右手の小指で、そこから始めるだけでも落ち着きます。

さらに気になる方へ

  私は、冬の間、手先が冷たくなくとも、ちょっとした時間があれば一日に何度か、指先を揉んでいます。そして、一つの指先を10秒というパターンを3回ほど連続して行うと、指先の痛みがなくなります。血液の循環が改善されたということかもしれません。

 まずは指の爪先部分の両側を揉んでみて下さい。もし「痛み」があれば、あなたは血液の循環が悪いのかもしれません。痛ければ時間を見つけて揉んでみることを習慣とされればよいと思います。

 揉み終わった後、これは我流ですが、まずは、右腕を身体正面に真っ直ぐに伸ばし、肘から90度に曲げます。ちょうどL字形にする感じで、手のひらが顔のあ たりに来るはずです。その状態で軽く右肘を左手で支え、肘を支点に円を描くように大きく20回、回します。どちら周りから始めても構いませんが、次は反対 回り。右上腕部が肘を支点として、40回、回ったら、同じことを左腕にもします。

 最後に、両肩をすくむように、何度か上下し、リラック スさせます。両肩をすくませ、上下するだけでなく、さらに両肩を回しても良いと思います。爪先部分を揉むだけでなく、肘を支点にして回し、最後に肩を使っ て力を抜く。この一連の動作で、手先の冷たさの原因の一つである血行の流れ・循環が良くなるのではと私は考え、時間があれば、やっています。

 以上、私は医者でも整体師でもありませんので自己判断でお願いいたします。いずれにせよ、体に大きな悪影響を及ぼすことはないとは思いますが。

 ではまた。

※「ベンチャー 企業社長ブログトップ10位へ  

リンパケア革命―耳たぶ回しで顔も身体も生まれ変わる!

リンパケア革命―耳たぶ回しで顔も身体も生まれ変わる!

 
広告を非表示にする