ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

サン・アクト株式会社というベンチャー企業の社長が語ります。

お客様がいる限り、廃業しませんという決断の重み

老夫婦の決断

10年以上、お世話になっている酒屋さんがある。
会社からの帰路にあり、夜8時頃までは空いている。

少し、早く帰宅できた場合、ビールを買う。
単にビールを買うだけでなく、色々と世間話をするため、
長い時は30分程度、立ち話をしたこともある。

昼間に、店の前を通った時も、時間があれば、少し世間話をする。

私にとって大切な馴染の酒屋さんだ。

ご主人は酒の配達がメイン。店番は奥様。
奥様曰く、単に主人は配達だけで、店番などしたくないのですと、
同じ愚痴を何度も聞いていた。

世間話というよりも奥様としての私は、
数少ない愚痴をこぼすことができる相手だったのかもしれない。

もう既に70歳近い老夫婦の酒屋さん。
最近は、まったく配達されているご主人の姿を見ない。

3年ほど前に、店に行くと、ほぼ商品が無い状態だった。
近くにコンビニがあり、かつ量販店の酒屋に行く時代なので、
もう廃業しますと言われた。その際は2,3ヶ月後と言われていた。

その言葉を聞き、馴染の店が時代の変化と共に消えていくと、
私は悲しくなった。しかし、そんな気持ちなどは顔には出さず、
「頑張って、毎日、通うようにします」とだけ言って、
その場を去った。

あれから3年。

まだ酒屋さんは店を閉めておられない。
私も、その後も時々、買い物をしていた。
「いつ、閉店するのですか?」など聞くことなどできない。

ただ、ほとんど在庫が無かった。
私がいつも買うビールも最低限の在庫を確保されていた。

数週間前、極めて早い時間にシャッターが下りていた。
「とうとう閉店か」と思いながら、
「最後の挨拶がしたかったな」とも思いつつ車を走らせた。

そして、3日前。
帰路途中、店は空いていた。

いつものビールもあった。

私は思わず、聞いた。
「いつ、閉店されるのですか」と。

下を見ながらビールを袋に入れておられた奥様は、
私の言葉を聞いた瞬間に、顔を上げ、私の眼をしっかりと見ながら言われた。

「お客さんがいる限り、廃業しないことに決めました」と。

私は、瞬間的に、言葉を失い、
「おおきに」と一言だけ残し、車に戻った。

そして、車内で自然に涙が出てきた、少しだけだったが。

酒屋さんの店内は、明らかに私のためのビールの在庫を含め、
恐らく、数名分程度の量しか残っていない。昔はあった、
アイスクリームの冷蔵庫も無い。

ビールを冷やす冷蔵庫も3つのうち、1つのみに灯りが。

換言すれば、私がビールを買う限り、廃業されないということだ。
そして私以外の残りのお客様がおられる限り、廃業されないとも言える。

帰宅途中、次に酒屋さんに寄る時にどんな言葉を奥様にしようかなと考えた。

しかし、通常通り、私は奥様と接することに決めた。

一度は、閉店しようと思われた老夫婦。
そのお二人が十分に、話し合われ「お客様がいる限り、廃業しない」という重い決断をされたのだから。

その決断に私が異論を挟む立場には無い。

ただ、お二人の重みのある決断には、大きな敬意を表したい。

※「ベンチャー 企業社長ブログトップ10位へ
広告を非表示にする