ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

サン・アクト株式会社というベンチャー企業の社長が語ります。

今年、なぜか身体に異変が続くのはなぜだろうか?

 今まで大きな病気や怪我をしたことが無い私。

 ところが今年は、5月4日のGW中に、「とう骨神経麻痺」になった。

 右手がまったく動かない状態が約1ヶ月。次にコーヒーカップすら持てない状態が1ヶ月、続き、その後、徐々に回復していった。
 8月初旬にほぼ完治と言われたが、まだ連続して字を書くことができない。ERで「とう骨神経麻痺」と診断された4日後に東京出張。これがきつかった。そして、出張から帰って病院へ直行。右手の握力は4kgだった。この数値を想像していただければ、1泊2日の東京出張の辛さもご理解いただけると思う。

 そして、8月20日金曜日に定期健康診断。問診では何の異常も無いと言われた。

 その週末を挟んで、8月23日に「40度近い熱」が出た。朝に39.6度。それが夕方には36.7度まで下がった。通常であれば、一日で熱が下がるはずも無いため、医者も原因不明としか言わざるを得なかった。
 そして、翌日から通常出社。

 さらには、年に一度の大家族旅行を9月3日に実施。無事、楽しく終えた。

 ただ、私の体温の平均は35.5度から36度。逆に37度程度になると「風邪をひいたかな」と異常を感じる。

 残念ながら、9月の旅行後(あえて旅行中は体温を調べなかった)、36.7度程度で推移している。時には37度になったこともある。どうもすっきりしない。もう最近は体温を調べても意味が無いと考え、そのままにしているが違和感は常にある。

 恐らく、これ以上、仕事を続けると危ないと危険信号を身体が発しているのだと思うが、休むわけにもいかない。

 あと1ヶ月後には43歳。まだまだ若い。健康診断の結果もまったく問題無かった。

 しかし、40度近い熱、そして微熱状態が続く現状、そして「とう骨神経麻痺」という想像すらできなかった病気が続いている。

 もうこれ以上、何もないことを祈るのみだが、なぜ今年、このようになったのか、時が解決してくれるのか、それとも何かある一年なのか。

 ただ、できる限り、体調管理はしている。微妙に基礎体力があることが問題なのかもしれない。過信などしていないのだが。

 いずれにせよ、何を誰かは私に伝えようとしているのだろうか?
 それが明確になれば、苦労はしないのだが、何かそんな感がある。

 極めて個人的なことばかりのエントリだがご容赦を。

※「ベンチャー企業社長ブログトップ10位へ
広告を非表示にする