ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

サン・アクト株式会社というベンチャー企業の社長が語ります。

大乱闘スマッシュブラザーズX不具合と某巨大掲示板の憂鬱

大乱闘スマッシュブラザーズX 大乱闘スマッシュブラザーズX  このWiiのソフトが子供たちにとって最も欲しいモノとかなり以前に妻から聞いた私。どこが凄いのかは現時点でも私には不明。しかし、現時点では売上1位のようである。  私は、このサイトで今までに頂戴したAmazonの報酬(ギフト券)を妻に渡し、数ヶ月前に妻が予約注文を実施(ちなみにクリスマスもお陰さまでAmazonの報酬でプレゼントの一部を購入しました。私のサイト経由で毎日のように、Amazonの商品をご購入いただいている多くの皆様、改めて御礼申し上げます)。  発売日が昨日1月31日。そして会社に到着したのも1月31日の昼過ぎ。  自宅付近を通る用事があったため、私はこのソフトを片手に自宅へ。自宅には長男と三男が。 「大乱闘のソフト、持って来たぞ!」と叫ぶ私。 「やったぁ!」と飛び跳ねる子供たち。  ただ、このソフトには、「使用前にWii本体を更新する必要がある」との注意書きがあり、ほとんど何のことか理解していない私は、とりあえず、「Wiiが更新できるか」を見届けるまで、自宅に待機。  Wiiはネット接続での更新も可能。簡単に言えば、Windows Updateのようなもの(と思う)。我が家のWiiはネット接続などしていないが、このソフトが自動的にWii本体を更新してくれる旨の内容が注意書きに書かれており、いわゆるPCソフトを入れた後、自動的に各種ドライバーを更新してくれるものと同じなのかなと理解した私。 「よし、注意書きを良く読んで、やってみて」と私。 「うん」と頷き、ソフトをWii本体に入れる長男。  しかし、2、3回やっても、何の変化もなし。  そこから、私と妻の悩みは始まった。  仕事中でもあり、そしていずれ何とかなるだろうと考えた私は、とりあえず「いろいろと試してみて」と子供たちに言い残し、会社へ。  そして19時頃。妻からメールが。 「何をしてもソフトは動きません・・・」と。  このメールを見た私は、極めてソフトを楽しみにしていた子供たちに対し、どうしたものかと考えた挙句、某巨大掲示板を見てみることに。  常日頃、某巨大掲示板など見たことは多少あるが書き込みなどしたことが無い私は、何とか試行錯誤の結果、「大乱闘スマッシュブラザーズX不具合報告スレ」といった感じのスレッドを発見。  いろいろと書き込まれている内容を見た私。初期の書き込みには建設的かつそれなりに有意義と思われる内容が書かれており、その内容をメールで妻に連絡。その結果、 「その他のソフトもすべて動かなくなった・・・」との驚愕のメールが到着。  これまたどうしたものかと、某巨大掲示板を眺める私。  しかし、時間が経つにつれ、掲示板の書き込み内容があまりにも建設的でなく(建設的であると期待する方がおかしいという方もおられるかもしれないが)、雑談的な内容から私にとっては不必要、かつ苛立ちすら覚える書き込み内容が続いていく。  何度かリロードし、書き込み内容を見続けた私。しかし、書き込みを読むにつれ、憂鬱な気分になっていく。そして、いくら子供たちが楽しみにしているとは言いながらも仕事中の私には限界が。  時刻は21時前。 「現在、どうでしょうか?」と妻へメールする私。 「何も動きません・・・」との妻からの最終通告にも似た回答が。  このメールを見てとうとう帰宅することを決断した私。帰宅したのが21時半過ぎ。  「オンラインで修理依頼をして」との妻のリクエストに、本体機種番号などを書き込み、オンラインで修理を依頼。 「巨大掲示板には修理が無償とか有償とかいろいろと書いてあったぞ」と私。 「こんな場合は、無償に決まっているでしょ」と強気な妻。  そして、今日。自宅からWii本体や周辺機器を持参し、会社から任天堂のサービスセンターへ宅配便にて送付しようと考えた私と妻(もちろん、着払いで)。  今日は13時から新聞の取材があった私。  取材中に携帯に電話が。 「サービスセンターに持参する」という妻。  サポートセンターにやっと繋がり、やはり着払いは無理であることが判明し、サービスセンターへ行く電車賃の方が安いとのこと。 「了解しました、よろしくお願いします」と私。  そして2時間程度の取材を終え、帰社したところ、ちょうど今、修理受付終了との妻からのメールが。  とりあえず、これにて一件落着。あとは修理を待つだけとなった。  いずれにせよ、時にはとんでもない騒動を起こす某巨大掲示板。そして、地震など災害時には有効な手段になる場合もある巨大掲示板。しかしながら、今回の「大乱闘スマッシュブラザーズX不具合」については、有効な情報も無く、憂鬱な気分がつのるばかりであった。  特に、気になった点が某巨大掲示板の書き込み内容の真偽を判断できないという点。ソフトに詳しい人でも判断に困る内容が書かれていたと思う。門外漢の私などは、あまりにも無意味と思える内容の羅列にがっかりであった。  しかし、唯一の救いは任天堂のサービスセンターが「京都」にあるということ。  もちろん、Wiiの修理が終わり、ソフトが作動するまで「任天堂バンザイ!」とは叫べないが。  最後に、寒い中、Wiiをわざわざサービスセンターに持参してくれた妻に感謝。いつもながら、頼ってばかりで本当にありがたく思っている。 追記:  やはりこのソフトの不具合は多いようで各種検索やその他でこのエントリにアクセスされる方が多いようですが、「サービスセンターへ修理依頼することが現時点ではベスト」であると私は思います。 「Wii専用ソフト「大乱闘スマッシュブラザーズX」のディスクが読み取れない症状についてのお知らせ」もご覧下さい。 ※「ベンチャー社長ブログトップ10位へ ※「特選された多様な起業家ブログ集へ ※「新進気鋭アーティスト:鉄人Honey、下記画像をクリック」
広告を非表示にする