ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

サン・アクト株式会社というベンチャー企業の社長が語ります。

私には1億円程の価値があるそうですが

 この数週間、「ベンチャー企業」あるいは「ベンチャー企業とは」といった検索語句で来訪される方々が多い。恐らく学生各位が論文作成などの目的で検索されているのだろう。  過去のエントリ「ベンチャー企業とは何か」にある程度、私なりに思うことを書いた。「ベンチャー企業とは」で検索すると当該エントリは現在、Yahooで7位、Googleで10位である。私のエントリが参考になるか不明だが、コピー&ペーストして、そのまま教授に提出していただくことだけはやめていただきたいと思っている。  さて「ベンチャー企業」で検索すると私のサイト自体はGoogleでは4位、Yahooでは61位となっている(Yahooは今年10月末に「インデックスをフルアップデートされた」そうだ)。  最近は「ベンチャー企業に関すること」や「経営的な観点」からのエントリをほとんど書いていない。「ベンチャー企業」で検索され、私のサイトに来訪され、「なぜ、リンゴを販売しているのだろうか?」と疑問に思われた方も多数、おられるだろう。Yahooで過去には10位程度にランクされていた私のサイトも、現在、61位という結果が物語っている。  ということで、通常であれば「ベンチャー企業関連」のエントリや、「社長ブログ」的なエントリを書くべきところであるが、少々、「通販関連」で神経がピリピリしているため、息抜きさせていただくこととする。 (木村秋則氏のリンゴ関連で通販サイトに1日数千人のアクセス、そして日々、多数のお問合せを皆様が想像されている以上に頂戴しており、少し一息つかせていただきたく思っている次第です。)  こういう時は、「占い関連」が息抜きとしては、僅かばかり適していると考え、「あなたのお値段鑑定します (鑑定/占い/性格診断)」を実施。10個程度の問題に解答していけば自分の値段が発表されるというもの。  以下、私の値段を発表。
小島愛一郎さんのお値段は(1億0211万4824円) 階級は「重要文化財級」です(42階級中7番目) 心 2739万5940円 26.8 % 才能 1498万6689円 14.6 % 境遇 1635万9980円 16 % 人徳 2854万6900円 27.9 % 運 1482万5315円 14.5 % 合計 1億0211万4824円 総合評価 小島愛一郎さんがもっている最も高い財産は「人徳」です。憎めない雰囲気や得体の知れぬオーラを発するタイプで、ピンチにもチャンスにも誰かが協力してくれることでしょう。心の値段も高く、この点でも人の心を捉え、人間関係は磐石です。あなたの人生はあなたの能力より、常に「人」がキーとなることでしょう
 想定外の値段に占いとはいえ、驚く私。  重要文化財(厳密には天然記念物)に対して仕事をさせていただいている私の会社ではあるが、自分自身が重要文化財級とは、少々、複雑な思いが。  そこで、詳細を確認することに。
ジャンル別評価 心のSライセンス 小島愛一郎さんの心はとてもキレイで、きっとあなたの笑顔に何人もの人が救われることでしょう。愛し愛される、そんなキレイごとだけでも生きる価値はぐっと高まります。どうかそのままで。 才能のBライセンス 平凡な才能です。がっかりする必要はありません。努力を重ねることで凡才を大きく超え、「達人」になることは可能です。努力あるのみです 境遇のBライセンス 現時点での幸福度合いは普通です。幸多くとも抱える問題もまた多い、ここまでは結局損得無し、という程度の境遇でしょう。他の人をうらやましいとばかり思っていないで、ここまでは満足しておきましょう 人徳のSライセンス 小島愛一郎さんの人徳は大変優れています。あなたの求心力、カリスマ性があなたを一段高いステージへ押し上げてくれるはずです。くれぐれもこの人徳を利用して詐欺師にはならぬよう… 運のBライセンス 普通の運です。確率通りに物事が動いて、ラッキー!と叫ぶような場面はそんなにないかもしれません。面白みに欠けるものの、大きな危険もないでしょう
 心と人徳がそれぞれSランク。逆に才能や運といった私が最も必要としているものがBランクということで極めて複雑な思いが。  分析すると、人間としての人格は優れているが、平凡な才能と普通の幸せという状態ということ。私としては、かなり幸せな状態であるため、どうも納得できないところではあるが、2回やって、ほぼ同じ結果だったため、仕方が無いとあきらめることに。  では、具体的に私を商品化するとどうなるかというと
商品化 例えば小島愛一郎さんを商品化すると以下のものとなります ・マイホームを2軒 ・新婚旅行(海外)を2回 ・全自動洗濯機を1台 ・高枝切りバサミを1セット ・腹筋運動補助具を1台 ・回転寿司を15皿 ・うまい棒を2本 また、一日三食を肉まんだけで生活すると386798日(1059年と8ヶ月)生きられそうです さらに、普通の生活をすれば20422日(55年と11ヶ月)生きられそうです
 「回転寿司を15皿」というのは、回転寿司の機械を示していると考えたい。「高枝切りバサミを1セット=小島愛一郎」となるのだが、私の会社には高枝切りバサミが3セット程、存在している。「うまい棒2本=小島愛一郎」も理解に苦しむ。私に1億円程度の価値があると言いながらも、どうも「商品化」は不透明な部分がある。私にはやはり1億円もの価値が無いのでは、と考えてしまう結果だ。  以上、ここまで書き終え、たまにはこのようなエントリも良いかと思いつつも、まったく息抜きにならなかったことについて少し後悔の念が。やはり、こういったエントリは私の性格に合わないということを再認識。  いずれにせよ、皆様、お時間のある方は、ご自分の値段を鑑定下さい。  ちなみに週末は長男と「ハエ叩き」をしておりました。こちらもお楽しみ下さい。(うまくいかない場合は、「こちら」へまずアクセスを)
関連エントリー】 - 性格判断をやってみました - テレビ欄占い:これはおもしろい!! - まもなく「おでん」の季節、そして「おでん占い」 - 男脳女脳診断は、果たして信用できるのだろうか? generated by 関連エントリーリストジェネレータ
※「ベンチャー社長ブログトップ10位をクリックで確認 ※「特選された起業家ブログ集トップ10位をクリックで確認 ※「新進気鋭アーティスト:鉄人Honey、下記画像をクリック」
広告を非表示にする