ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

サン・アクト株式会社というベンチャー企業の社長が語ります。

5月検索ワード発表、ちょっとやり方を変えるべきとは考えていますが

 さて、毎月恒例の検索ワード、5月の発表とします。しかしながら、最近、変化が少なく、どうも他の方法を考えるべきかなとは思っています。では、まず5月検索語句トップ10を。
1位:ベンチャー企業 2位:テングス病 3位:木村秋則 4位:フォロワーシップ 5位:自律型人間 6位:プッシュ戦略 7位:逆上がりのコツ 8位:テング巣病 9位:樹木の味方 10位:仕事 メモの取り方
このような結果となりました。1位の「ベンチャー企業」はgoogleで現在、6位。常に10位以内に入っており、当然の結果ともいえます。2位と8位のサクラの大きな病害の「テングス病」関連語句は、やはりこの季節に必ず話題になるため、多くの方が検索されているようです(テングス病関連はそれなりの内容を書いていますので少しは参考になっているかと考えています)。  4位の「フォロワーシップ」、7位の「逆上がりのコツ」それぞれ、google、Yahoo共に10位以内にランク付けされています。当たり前のことかもしれませんが検索サイトのトップ10以内にランク付けされていると、やはり私のエントリに来訪される確率は高いようです。10位の「仕事 メモの取り方」は、どうみても今年の新入社員の方々が慣れない職場で苦労され、私のサイトに来訪されたのではと推察しています。  そして、嬉しいことに9位に我々が開発し販売している剪定後の樹木の切口や病害に侵された部分に塗布しワサビの抗菌作用で保護していく「樹木の味方」がランクインしました。  さて、9位に我々の商品がランクインしたことは非常に嬉しいのですが、やはりそれ以外の検索語句はほとんど変化はありません。  今回の検索語句は、「アクセス解析 [AccessAnalyzer.com]」というものからデータを抽出しているのですが、5月は2、330語句の検索があったようです。そのトップ10が今回、ご紹介したものです。  ということで、少し視点を変える意味合いで、2、330語句の下位10位を発表したいと考え、調べたのですが、下位は検索ヒット数が「1」が多く、ランク付けができないことに気付きました。  例えば「腕の骨 折る 方法」という何とも怖い検索語句もあれば、「株主総会召集通知 雛形 会社法」といった、間もなく私も株主の皆様に送付する定時株主総会招集通知関連語句もあります(ちなみに昨年の新会社法による最初の総会の資料は苦労しました)。  以上、「d様も思案されている」ように少し、検索ワード発表については、何らかの方向性を変えなければならないと思っておりますが、あと一ヶ月も時間がありますので、それまでに考えることとします。  しかし、やはり新しいデザインにサイトを変更されたd様に、検索ワード発表の方向性を決めていただきたいと考えています。極めてご多忙で、かつ人生の後輩である私がd様に依頼するには何らかの手土産が必要ということで、準備いたしました。 こちら」のサイトで、数秒で完成するのですが、「自家用ジェット」という大きなプレゼントに違いはありませんのでご容赦を。  では、業務再開とします。 「私も参加している起業家ブログをクリック下さい
広告を非表示にする