ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

サン・アクト株式会社というベンチャー企業の社長が語ります。

粛々と、9月月間検索ワードの発表

 本来ならば10月1日に発表すべきところですが、少々、理由があり本日10月5日まで待ってのエントリとさせていただきます。 (ブログ上は昨日10月4日エントリと記載しております。)  9月は検索語句ではなく、様々なフレーズによる検索も多く、以下のように語句とフレーズを組み合わせた発表とします。
1)ベンチャー企業 2)逆上がり コツ 3)GMO 4)男前豆腐店不祥事関連の検索 5)はち刺され・蜂の生態関連の検索 6)木村秋則氏関連(無農薬りんご等含む) 7)競争社会 8)携帯電話の利点 9)Dan Gibson 10)某氏及び、どなたかの画像
 1位の「ベンチャー企業」は、各検索エンジンで私のこのサイトが上位を占めており、いつもながらの結果です。  2位の「逆上がり コツ」という逆上がり関連での検索が9月は、かなり多かったのですが、これは「運動会シーズン」によるものかなと考えております。ちなみに「長男、逆上がり成功!!」というエントリが該当するわけですが、当時、次男・三男は既に逆上がりができていたにも関わらず、長男のみが逆上がりがまだできず、彼なりの悔しさもあって長男は小学校ではなく保育園で日々、練習し、ある日、成功した物語です。是非とも「該当エントリ」をご覧下さい。  3位の「GMO」は、なぜか毎月、上位にランクインします。過去のエントリもタイトルはそのものずばり「GMO」(Genetically Modified Organisms:遺伝子組み換え作物)で、かなり微妙な問題や背景があるのですが、私なりに考えをまとめたものです。  4位の「男前豆腐店不祥事関連の検索」は、「男前豆腐店 不祥事」、「男前豆腐店 産廃」といった感じで様々な語句を組み合わせて多くの属性を持つ方々が来訪されたようです。該当エントリは「「男前豆腐店」に思う」と「男前豆腐店に思う(2)」で単に不祥事を書きたてるのではなく私なりに経営的視点を踏まえ、真面目に書いたエントリです。  5位の「蜂・蜂刺され・蜂の生態」については、過去に私が蜂の大群にやられた事件「非常に頭が痛い:蜂の大群」、その後、簡単に蜂の生態と当時の政界が似ているといった内容をまとめた「蜂刺され御礼と政界」が該当エントリとなります。  6位は無農薬・自然栽培農家の「木村秋則」氏です。季節柄、そして私も何度も過去に木村氏について語ってきているため、6位にランクインしたのでしょう。参考:「無農薬リンゴ・リンゴジュース」  7位の「競争社会」。こちらも何度もランクインしている語句です。新しい総理の格差社会や教育問題の方向性について、検索される方が多かったのかもしれません。こちらの該当エントリは「競争社会を生き抜くために(2)」です。こちらも私なりにじっくりと書いたエントリですのでご一読下さい。そういえば、11位の検索語句は「小学校 英語教育 導入」でした。こちらも新しい文部科学大臣の発言や今後の行方を考えての検索結果だと考えています。該当エントリは「小学校での英語教育導入は不要だと思う」です。こちらも少しばかり力を入れたエントリですのでご一読下さい。  8位の「携帯電話の利点」ですが、ある程度、安定した検索語句と言えるのですが、昨今の交通事故などが関係しているのかもしれません。  9位の「Dan Gibson」はこのサイトのサイドバーに表示しているヒーリングミュージックの知る人ぞ知る名作を生んだ方です。この検索語句は「海外からのアクセス」が大半でした。  10位の「某氏及び、どなたかの画像」については、毎月、恒例の私の検索ワードをご覧いただいている方はご承知のため、説明は省略いたします。  以上、やはり「その時々の社会問題や教育問題など、私なりに力を注ぎ、ダイレクトな題名としたエントリは、検索もアクセスも多い」という結果となっており、嬉しい限りです。是非とも今回、ご紹介した過去のエントリをご覧いただければと思います。  では、遅くなりましたが、既に10月1日の段階で出張前に検索ワードを発表された「dawn」様にTrackback致します。ブロゴスフィアの一部に今もそしてこれからも存在するであろう、月間検索ワード発表のブロガーへ向けて。 起業家ブログ:このリンクか、下記バナーを是非ともクリック下さい。
広告を非表示にする