ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

サン・アクト株式会社というベンチャー企業の社長が語ります。

サイドバーのデザイン変更

 また、私の母からの画像です。地震発生の10月23日は、「秋の最後の節気」だそうです。「霜降」・「そうこう」・「しもふり」といったように読めるそうです。

 かなり話はずれますが、米国ワシントンDCのビジネススクールで一緒に勉強していた台湾出身の学生さん達が、ワシントンで雪を初めて見て感動していたことを思い出しました

(台湾では雪が降らないということらしいです)。

 同時に、霜が降るということは、農作物に大きな影響を与える時期に入ったといえます。数ヶ月をかけて育成させた農作物も霜にやられて、瞬時に回復不可能な状態になったという話は昔から聞いています。

 昨今は霜対策は万全と聞いていますが、いずれにせよ、そろそろ、季節の上では「霜降」の到来です。「二十四節季」、かなりの精度で我々の何気ない社会生活に大きなインパクトを与える、あるいは少し立ち止まって、一考させられるような、そんな感があります。

広告を非表示にする