ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

サン・アクト株式会社というベンチャー企業の社長が語ります。

「静かな時限爆弾」、アスベスト、そして・・・

今日、昼時に小さな「赤とんぼ」を見た。

何年振りのことだろうか。

本当に「赤とんぼ」かなと思いながらも。

私が小学生だった頃は、今から約30年前。

あの頃、夏になれば、カブトムシを採りに行き、

秋になれば、赤とんぼが飛び舞い、

赤とんぼの前で指をぐるぐると回して、遊んでいた。

近くの川では、いつ行っても数十匹の小魚が採れた。

川の石を裏返せば、カニがたくさん隠れていた。

30年ほど前の思い出である。

-------

今、アスベストの被害にあわれた方々が多いとのことだ。

特に肺に関する病気は、他の病気と比べて非常に苦しいものだと

医学関係の私の友人が言っていた。

しかし、当事者ではない私に論じる資格は無い。

私が子供の頃、ようやくアスベストの規制が日本で始まった。

欧米ではもう少し前から規制が行われていた。

日本の規制や対応が遅れたかどうかを議論したいわけではない。

今では、「静かな時限爆弾」と呼ばれるアスベストの被害。

私が子供の頃にスイッチが押された爆弾が今、爆発している、

爆発しかけているということなのかもしれない。

ただ、残念なことは時限爆弾が存在しながらも、

そして、スイッチが押されたかもしれないことに気付きながらも、

爆発して被害が生じてから、さぁ、どうするかと対策をとっていること。

犯人探しも、必要無い。

-------

今、私が小学校の頃に遊んでいた場所には、

川も無ければ、森も無い。田んぼもまったく見かけなくなった。

もちろん、「開発」という観点から仕方が無い、

造成しなければ人々が生活できない、

経済的事情から土地を手放したなど、

様々な理由があると思う。

誰それが悪いと批判しても、意味もない。

-------

しかし、じっくりと考えてみれば、

他にも時限爆弾は存在しているのかも知れないと、

私は赤とんぼを見つめながら考えた。

そして、私が子供の頃にスイッチが押され、

今、爆発するのではなく、

私の子供たちが私くらいの年齢になる、

今から30年後にセットされている爆弾も存在しているのではないかと。

私は、いつものように温暖化について語っているわけでもない。

しかし、最近、少なくとも私の周りで見かけなくなった赤トンボ。

コミュニケーションがうまくとれない若い方々。

様々な心の問題や、昔では想像もできなかった犯罪。

誰が悪いか、何が問題なのか、原因を究明することも必要かもしれない。

しかし、積み重なった何かがそうさせたと私は思う。

-------

結局、爆発の規模に違いがあったとしても、

様々な形の爆弾が世の中には存在し、

そしてスイッチが入っているものもあれば、そうでないものもある。

また、1年後、5年後、100年後など爆発する時期も様々だろう。

重要なこと。それは、

個々ができる範囲、個々の技量で、

スイッチを押さないように、

爆弾をつくらないように、

そして、可能であれば時限爆弾を取り除く行動に出ること。

これだけを意識するだけでも少しは前進すると思う。

我々も曖昧、そして微力ながらも

時限爆弾をある分野で、そしてある方法で、

取り除く行動をしているつもりだ。

個々ができることをすれば良い。

何もしないより、はるかに良いと思う。

-------

ただ、私も含めて人間は、爆発してから

現実を体感しないと、行動に移すことが難しい習性を持っていると思う。

「現実を体感しないと行動に出ない」ということをまず認識し、

そして、私が今まで書いてきたように、

個々が今からできることをすれば良いと、私は思う。

そうすれば、もしかしたら近い将来、赤とんぼが、

また飛び舞う姿を見ることができるかもしれない。

広告を非表示にする