ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

サン・アクト株式会社というベンチャー企業の社長が語ります。

私が楽しみに来訪しているサイト

at most countable」の管理人であるめたかさんの記事の「もっと「ハブサイト」を!」で私のサイトについて少し触れていただきました。 私は、
その際、「読者参加企画」、また近いうちにTBなど致します。私は綺麗な写真が主体のブログが実は好きでして。
というコメントを先月末にめたかさんの記事にて書き込ませていただきました。 もちろん、この件について忘れてはいなかったのですが、いろいろとその間、私の方でありまして、今日、私が自宅でブックマークし、何日かに一度はまとめ読みしているサイトをご紹介します。 (ちなみに本日もまもなく会議ですので非常に短い記事となることご容赦下さい。) ------ 「見たままに切り取る京都・What I see is what I get ~ 観光ガイドブックに載らない京都写真」様 こちらのサイトはもちろん写真が主体なのですが、トップページのリンク紹介でもかなり参考になるサイトが紹介されています。私は京都人なのですが、タイトル通り「観光ガイドブックに載らない京都写真」を毎回、楽しみに拝見させていただいています。 「京都・哲学の道案内 Philosopher's Walk」様 こちらのサイトも写真がメインであり、哲学の道周辺の徹底的な綺麗な写真を毎回、撮影されています。哲学の道のサクラの開花時期には、毎日、つぼみのふくらみぐあいを写真で報告されており、このサイトで哲学の道のサクラの見頃を確認できます。 「京都ぐるめ ういちゃ♪」様 こちらのサイトは、かなり有名なのですが、写真と京都のグルメ情報が満載で、綺麗な写真と共に掲載されています。空腹時に見ると少々、大変なことになりそうなサイトです。 ※上記3つのサイト様、無断でご紹介してしまいました。不都合がありましたらご連絡下さいませ。 紹介したというtrackbackも打っておりませんことご容赦下さい。 ------ さて、めたかさんの「もっと「ハブサイト」を!」というお考えですが、私の過去記事である「カトリーナと加害者、被害者」には珍しく14個のtrackbackを頂戴しました。本当は15個だったのですが、1個はあまりにも関連性が無いので、静かに削除、しかし、半分以上のブロガーの方々がネット上での初対面でかつ非常に優れた内容の文章を書かれておられました。そして、コメント欄を見ていただきたいのですが、私は初対面でも私の拙いこのサイトをある程度、毎日、来訪いただいているというコメントも頂戴しました。またtraackbackした旨や私の記事への感想なども頂戴しています。 めたかさんの主張される「ハブサイト」には到底、及びませんが、何となく一つの記事がきっかけとなり、横に縦に広がっていくぼんやりした何かが見えた感があります。 では、めたかさん、少々、物足りない記事で申し訳ありません。ご容赦下さい。 追記: 「私が隠れて来訪しているサイト」から 「私が楽しみに来訪しているサイト」にタイトル変更しました。
広告を非表示にする