ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

サン・アクト株式会社というベンチャー企業の社長が語ります。

少し早いですが、8月の検索ワード

諸事情により、長らく更新できず、私の拙いブログをご愛顧いただいている皆様にはご迷惑をおかけしました。ブログ界隈から少々、遠ざかっており、かつ久しぶりの更新で「環境関連」のエントリではなく、なぜか8月の検索ワードのご報告です。

通常ならば、9月1日にエントリすべきなのですが、理由があって本日とさせていただきます。

(理由については明日のエントリにて)

-------

実は、8月の検索ワードは過去に無い変化を見せています。

まずは、7月の検索ワードのおさらいです。

(といいますか、「7月の検索ワード発表」から記事更新は5つとは少々、情けないことに今、気付きました。)

ベスト10位

1)競争社会(G1位)

2)ベンチャー企業(G13位)

3)ベンチャー

4)企業

5)社長

6)税金の仕組み(Y5位)

7)自立と自律の違い(Y1位)

8)小島愛一郎(調べる必要も無く1位のはず)

9)サンアクト(Y3位・G3位)

10)プッシュ戦略

注:(  )内のGやYは、Google・Yahooで記事更新当時、検索何位かを示します。

さて、8月(実質、あと一日を残しますが)の検索ワード(今回は少し多めに)は、

1)税金の仕組み(Y6位)

2)蜂刺され(Y1位)

3)ベンチャー企業(G・Yそれぞれいつも上位)

4)ベルセウス流星群(Y4位)

5)google space(G・Yそれぞれ3、4位)

6)イルミネーション 与える影響(Y3位)

7)フォロワーシップ

8)はち刺され

9)蜂の種類

10)自立と自律の違い

11)小島愛一郎

12)競争社会

13)蜂の生態

14)グローライトテトラ(熱帯魚の種類です)

15)ベンチャー 社長

16)経営者の資質

17)テレビ欄占い

18)テレビ欄

19)サンアクト

20)壁面緑化

となりました。

いつもとまったく違います。1)・3)・7)・12)などはいつもの常連ワードなのですが、8月に私と同様に蜂の被害に遭遇した、あるいは防止策を講じようとされる方が多かったのか、蜂関係が大半を占めています。

ただ、Yahooで1位となる記事が「蜂刺され御礼と政界」なのですが、このような記事内容で蜂の被害に遭遇された方々の参考になったか、いやほとんど参考になったとは思えず、申し訳ない限りです。(しかし、なぜYahoo1位になったのかについても知りたいところです)

また「イルミネーション 与える影響」がなぜ6位に浮上したのかについては本当にわかりません。他の検索語句は何となく季節柄・時節柄の感はあるのですが。

-------

ちなみにもう一つ、今月は大きな変化がありました。「読者の多国籍化」といえるかどうかわかりませんが、下記の各国の皆様がわざわざ日本語サイトというのにアクセスいただいています。(   )内はアクセス数です。

英語(155)

ドイツ語(40)

スペイン語15)

フランス語(8)

トルコ語(8)

韓国語(7)

アラビア語(7)

ポルトガル語(6)

オランダ語(6)

中国語(4)

スウェーデン語(4)

フィンランド語(4)

ノールウェイ語(3)

その他少数派(6)

この結果は、もちろん5位の「google space」です。Googleで200人以上の世界中の皆様が「google space」を検索されたようです。わざわざ母国語に翻訳されてまで私の記事を見られたのかまでは不明ですが。

-------

さて、毎月の検索ワードで上位をキープしていた「小島愛一郎」ですが、お盆中に検索者の一人が判明しました。「私の母親」でした。どうも私の母親は、Yahooで私の名前を毎回、検索し私のこのサイトへアクセスしていたとのこと。「ブックマーク」というものを説明したのですが、母親いわく「今後もYahoo検索してアクセスする」と頑なに拒否されてしまいました。理由までは聞きませんでしたが、私のサイト更新を楽しみにしている愛読者が自分の母親であるということはありがたい限りです。

広告を非表示にする