ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

サン・アクト株式会社というベンチャー企業の社長が語ります。

一周年おめでとうございます。

いやはや、今日は別の記事をまもなくエントリーしようとしていたのですが、古くからお世話になっている「大西宏のマーケティング・エッセンス」様が「ブログをはじめて1年」ということで急遽、お祝いのエントリーです。

私は、過日、「お蔭様で300エントリー」という記事を書いたのですが、その際に大西さんからもお祝いのコメントを頂戴しましたので、長いお付き合いをさせていただいていると勝手に思っている私として、記念エントリーをアップ致します。

4月から大西さんはブログを始められたとのこと。私は、5月からですから1ヶ月先輩です。

大西さんは、

ブログをやっていると書くだけでなく、ブログを訪問して読むこともどんどん増えてくるのですが、つくづく感じるのは、ブログの数のパワーというのでしょうか、接する視点のバリエーションが増えれば増えるほど、どんどんものの見方が深くなっていくということです。結構、真剣勝負の議論が多いですからね。

と今日のエントリーで述べられていますが、私も同感です。私も真剣勝負でエントリーしていますので。あまり他のブログには来訪していませんが。

思えば、過去に大西さんの記事に私のエントリーを何回かは紹介いただきました。また、今週のおすすめBLOGにも。

(少しは私も真剣にエントリーしていることが伝わったのでは?と勝手に思っています。)

また、わかる方にはわかるのですが、「元祖ブログランキング騒動」なども今では良い思い出です。それ以外にも様々な思い出はあるのですが、共同戦線を張ったこともありますので深くは触れません。

----------

大西さんのサイトには、毎日二千人を超える人が来訪されるとのことで、私の一日のサイト来訪者数の約4倍以上にあたります。ただ、来訪者の数が多い少ないではなく、お互い長くブログを続けていると、来訪者の数よりもブロガー同士の中に何か双方、相通ずるものが生まれるのではと私は思っています。

それがブログを発端とした思い出に変わるのだと私は思います。

まだ大西さんとはリアルではお会いしたことはありませんが、何人かの他のブロガーの方とお会いしたことがあります。その際、初対面なのにそう感じないもの、それが毎日、「記事を見ている」・「長く続いている」という効用ではないでしょうか。

特に私の場合、私の行動を中心に毎日、記事にしていますので、あるブロガーの方(海外お土産を頂戴した方)と初対面のとき、私の車を見られて、「あぁ、この車に5人のお子さんが乗っていらっしゃるんですね」といった会話が成立しました。これもブログをお互い、毎日、来訪しているからでしょう。

----------

ブログを長く続ける理由。それはやはり、見に来ていただいている方の存在が一番、大きいと私は思います。

では、大西さん、あと一年、ブログ更新、よろしくお願い致します。私もできる限り、更新し続けます。

(禁煙の話は今日は無しということで。ご勘弁を)

----------

皆様、今しばらく下記のバナーをクリックいただければと存じます。ランキング挽回中です。多数の皆様のご賛同、感謝致します。我々の事業の中心である、サクラ満開のシーズンを前に。

広告を非表示にする