ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

サン・アクト株式会社というベンチャー企業の社長が語ります。

賛同者を増やし、夢をかなえること

前回のエントリーでも少し触れましたが、私の祖父は、1884年、今から約120年前に生まれました。私が6歳の頃に亡くなり、祖父は5歳で母を、11歳で父を失いました。

私のかなり過去のエントリーで祖父については語っていますが、祖父が現役当時の1900年代初めは、旅館というのは相部屋、泊まるお客様次第で宿泊代も変わるという状況でした。特に、京都は多くの寺院があり、参拝客も多い、しかし安心して利用できる宿が少ないという状態にありました。

そこで、当時では画期的なビジネスモデルである「1泊2食付き個別部屋」という、いわゆる「ビジネスホテル」の原形を祖父は生み出しました。今でいうシティホテル、昔で言うところのビジネスホテルという形態をつくったわけです。

ただ、アイデアだけでは事業は成立しません。そこで祖父は会社設立趣意書、今でいうところの事業計画書を持って、一口25円で1600円の全国各地の方々から借入をしたわけです。当時、株式会社という概念などは無く、出資でなく借入しか手段がありませんでした。1600円の借入は現在の金額で計算すると約1000万円程度の資金調達。何の担保も無く、貸していただいた方々は、祖父の気迫、あるいは理念のみに賛同された方だと言えます。そして、その資金で1920年に京都駅前に開業。1泊2食付きで宿泊料金40銭でのスタート、周辺の旅館が1円50銭程度だったので、破格の値段でした。

しかし祖父の凄まじいところは、開業間も無い2ヶ月後に再度2回目の資金調達の旅に出たというところです。

1年半をかけて約4000人の方々から総額6000円の借入をされました。1年半で数千人の方に会って資金提供を依頼され、4000人もの賛同者を得られたということは想像できないことです。

もちろん数年後に、すべて利息を付けて返済されたことは言うまでもありません。

-------

昨日の「週刊!木村剛」様のエントリーである「経営者が果たすべき3つの職責」。

そこには、

方向を決めること

日々判断すること

そして、結果としての数字を残すこと

が挙げられています。

まったくの異論はありません。私も経営者として、そして「職責」として最低限、果たすべき内容だと思っています。また、組織として方向性が違う人間を排除することも必要でしょう。

ただ、これらの職責は事業運営を支える多くの賛同者によって成り立つものではないかと私は考えます。上述した私の祖父の事例では、それこそ今までに無い新しい形の旅館を創造したわけで、すぐにはお客様から理解されず、かつ同業者の方々からの外圧も多々あったかと思います。しかし、「4000人もの賛同者」という何にも変え難い応援団の存在が様々な苦難を乗り切る原動力になったのだと私は考えます。

時には4000人の賛同者が重荷と感じられた場合もあったでしょう。しかし、新しい道を開拓する原動力として、理念やロマンに賛同した4000人もの方々の思いを心の中に常に持ち、逃げることなく一歩ずつ歩んできたのが祖父ではないかと思います。

-------

私は思います。

経営者の職責に「多くの賛同者を得る」という一点を付加することを。損得勘定無しで、経営者としてあるいは一人の男として、こいつに夢を託そうという外部の応援団をできる限り多くつくる努力をし、実現させることを。

人間の多くは損得勘定で物事を考え、行動します。どんな逆境・どん底に陥っても手を差し伸べてくれるのは賛同者・応援団だけです。そして、賛同者が多ければ多いほど、信用も増します。それこそ応援団がさらに応援団を呼んでくれるでしょう。

そして、賛同者の方々から託された夢をできるだけ早く実現しようと経営者も事業に邁進します。夢が明確なので理念もビジョンもぶれが生じません。経営者としての自己の夢と多くの賛同者から託された夢が同一に近ければ近いほど、その企業は強い持続力を保有します。

そうですね。職責にもう一つ加えましょう。「賛同者から託された夢を早く実現する」ということを。これで5つの職責が存在することになります。5つの中に優先順位はありません。どれも同時並行で進めていかなければなりません。ただ、職責の重みからみると賛同者からの夢を早く実現することに最も重きを置くべきだと思います。賛同者の夢は、自分の夢と同じはず。結果として自分の夢が早く実現できる近道になるからです。

今後も、私はこれら5つの職責を認識し、できる限り、我々の賛同者、応援団の皆様の夢を実現させることに努力していきたいと思います。

-------

さてさて、多くの皆様に今になってランキング再参加なのか疑問視されてはおりますが、再参加から数日で35位から今、投稿時点で13位から17位にランクダウンです。皆様、今しばらく下記のバナーをクリックいただければと存じます。多数の皆様のご賛同、感謝致します。我々の事業の中心である、サクラ満開のシーズンを前に。

広告を非表示にする