ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

サン・アクト株式会社というベンチャー企業の社長が語ります。

忘れてはならないこと

年末年始、京都にも雪が降りました。

私は青森で数年間、滞在していたため、雪の恐さは知っています。

しかし、突然の、降雪に「素手で車の雪を除けました」。

そして久しぶりに体感しました。

「凍える手」を。

---------

昨年は、台風・地震と、気候変動が日本を襲いました。

そして、昨今ではスマトラ沖の津波

スマトラで亡くなった方は、原爆投下で、一瞬にして亡くなった

方々の人数と相当します。

そして、熱帯地域での伝染病等で、残念ながら亡くなられる方は、

さらに増えていくと思われます。

---------

お蔭様で、私の家族は昨年も、無事、過すことができました。

できることなら、この写真のように、多くの方々が、

「凍える手」・「辛い思い」を乗り越えて、

心の中だけでも、「朝焼け・夕焼け」といった

心が休まる一時を過していただければと思います。

---------

もちろん、気候変動だけではなく、様々な犯罪や、

その他、色々な理由で、新しい一年を迎えることができない方は、

大勢、世界中におられると思います。

考えれば、そして思えばきりがありません。

しかし、残念ながら、私には、「今、すぐにできること」が

見当たりません。

せめて、まだ私の心には、

「忘れてはならないこと」があることを表明し、年頭の挨拶と

したいと思います。

---------

今年、一年間、地球はどのようになっていくのか。

想像がつきません。当たり前の話です。

ただ、私なりにできることから行動していきたいと思います。

---------

以上、年始のご挨拶には少し違和感があるかもしれませんが、

私の生き方、考え、ポリシーとしてご了承くださいませ。

皆様、今年、一年も宜しくお願い申し上げます。

サン・アクト株式会社 代表取締役 小島愛一郎

広告を非表示にする