ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

サン・アクト株式会社というベンチャー企業の社長が語ります。

今年を振り返って(会社版)

当社は、今日で仕事納めとなります。今、社員は掃除をしているものをいれば、棚卸をしているものもいます。

まもなく、今月末の経理も終了する予定です。

そして社長である私は、ブログ記事を書いています。

社長ブログなのでお許し下さい、社員の皆様。

年賀状も片付けも、私は昨日で終了しておりますので。

-----------

実は、当社は月次決算をしています。できる限り、会社の状況をすぐに把握できるようにすることが理由です。

月次決算を行うためには、当社ならではの「掟」が存在します。

良く社員が立て替えをして、仕入れたり、文房具などを購入します。もちろん領収書をもらうわけですが、

月次決算をするためには、

領収書を規定の用紙に貼付して、3日以内に提出

というルールがあるのです。経理の迅速化を図るために。

逆に言えば、3日を過ぎれば、立て替えたお金は会社からもらえないというわけです。もちろん、私も例外ではありません。(今のところ私もルールを守っております)

今日、私は、あるものを立替で購入しますが、3日以内に会社に提出しなければなりませんが、年末ということで、正月に会社に提出というのは無理なので、これは例外となります。

-----------

上述したように今日が仕事納めですが、私は明日で仕事納めとなります。

金融機関挨拶回りをしなければなりません。銀行窓口は混んでいるかもしれませんが、例年、個室で対応していただけるので、何とかなるはずです。

これで、私の社長としての「今年」は、終了します。

-----------

さて、本題である「今年を振り返って(会社版)」。

2001年に設立し、多くの方々のご尽力を頂戴し、今年もまもなく終わりを迎えつつあります。

昨日、当社に投資いただいているベンチャーキャピタル担当者から電話を頂戴したのですが、

「良い年を迎えそうですね」

というありがたい言葉を頂戴しました。

これ以上、深くは言及できませんが、やっと安定した、あるいは上昇気流に乗ってきた状態に会社がなりつつあります。

-----------

理由は、やはり我々のビジョン

エコロジーからエンバイロンメントへ」

にあると思います。

いくらエコロジー(自然環境など)が、様々な技術や企業努力によって改善されても、

エンバイロンメント(人間環境や社会環境)が改善されない限り、地球は、さらに悪化していく。

ゴミを拾っても、来月、またゴミを拾わなければならない。

なぜなら、ゴミを拾う人々より、ゴミを捨てる人間の方が、圧倒的に数が多いからだと私は思います。

人間の心を変革しない限り、

今、生きている子供たち、

そして将来、生まれるであろう子供たち。

彼らが見本、手本となる人間が少しでも多く存在して欲しい。

このような気持ちでビジネスを展開しています。

我々の根幹事業は衰退した樹木を回復するという、ニッチなビジネスです。ただ、お客様には、まず当社のビジョンを明確にお伝えし、その後、我々のビジネスについてご説明します。

こうすることによって、賛同いただくお客様、そして損得無しで応援していただける方々が、数多くこの数年間で増えてきました。

ありがたい話です。そして、このスタイルをこれからも続けていきたいと我々は考えています。

このブログをご覧いただいている、お客様、応援団の皆様に、

まずは本年の御礼を申し上げます。

-----------

さて、明日は、今年を振り返って(家族版)です。

さて、今回のblog、少しは参考になったと思っていただけた方は、「クリック」お願い致します。

まだまだブログは更新します。何と言っても、当社サイトには「毎日更新」と書かれていますので。

そしてJUGEMが安定しているあいだは。。。

ありがとうございました。

-----------

追記:

現在、21時30分頃ですが、社員は全員、帰宅し、

それぞれ思い思いの場所で過ごしているようです。

「ラーメンを食べに行かないか」と誘われたのですが、

やはりベンチャー企業社長、やることがまだまだ残っております。

広告を非表示にする